准の字が付くか付かないかで、専門知識のみならず、待遇の差も大きいのです。

ここ数年は看護師は不足傾向にあります。

せっかく看護師資格を持っているにもか替らず、看護師の職を選択していない人も多いのです。
では、看護師不足の原因はなんでしょう。
それは、看護師の離職率が高いということが大きいと思います。具体的には、常勤看護師の場合の離職率は、約11%にもなります。

女性の割合が多いしごとなので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。

「看護のおしごと」というホームページの魅力は、結局のところ、紹介してもらった職場への転職が決まったら支給される転職支援金になります。いい条件で転職できる可能性があるのに、あわせて、その上に、支援金まで貰えて、とてもありがたいですよね。

看護師の転職ホームページの中でも人気があるのは、このサービスも理由の一つといえるでしょう。
私が看護師のしごとに身を投じたいと、思うようになったきっかけは、病院で、さまざまな病気や怪我、体調不良などを抱える患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんの補佐をする事に、この職業のやりがいを感じたためです。

私自身も過去に入院し立ときに、看護師さんに病院で大変助けてもらい、これからは私が看護師として、クランケのサポートをしたいと決意しています。多くの方が看護師を続ける動機としてとても現実的な理由として「給料が高い」ということがあります。新卒の給料を見てもほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも多く貰えていることがわかると思います。
しかし、そんなに高いお給料ももらえるのですので、それだけ自分の知識や技術を磨いて、患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんに返していかなければなりません。現実的な看護師の業務内容は入院している患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)の医療的なケアだけでなく身辺のお世話まで、やっています。病院で、看護師くらい多忙なスタッフはありえないと思います。
ですので、そんな看護師のしごとの中味に合った待遇になって欲しいと思います。

看護師には、看護師の資格と言っても、看護師免許と准看護師免許の二種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)が国家資格として定められています。
一般的に、准看護師免許を持つ人は、キャリアを磨く為に、看護師の資格を取得すべく努力します。

准の字が付くか付かないかで、専門知識のみならず、待遇の差も大きいのです。

看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間勤務となっていて、しごと中に仮眠をとることが可能です。国の指針では、月に8回までとされていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
勤めている病院の勤務シフトによっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、過労になりやすいのも、離職する看護師が多い理由の一部と思われます。看護職員の方がしごとで転機だと感じたら、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。

看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には出てこない案件も数多くあります。

その点、看護専門のオンライン求人サービスには、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、ある程度、働く人立ちの傾向をつか向こと等も可能です。

何と無く言うのが憚られる労働条件の相談をしてもらえるケースもみられます。

免許が必要な専門職である看護師は、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。
きっかけが結婚や出産だったり諸事情による転職も多いですが、中には、自らの看護師スキルをさらに向上指せる目的の転職を考える人もいます。

こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと転職そのものが危ぶまれます。

例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、小規模な病院では引きうけることのない、高難度の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)に関与したい、など積極性を感じられる理由を挙げたいところです。
看護師は職場の同僚と飲みに行くことがあります。

急患が来ることも多い職場なので、みんなが集まることは滅多にありませんが、予定を合わせてどんちゃん騒ぎに参加します。

しごとの悩みや愚痴などみんなで共感出来るので、愚痴を思いっきり吐き出して宴は大盛り上がりです。

看護師がしごと情報誌で選ぶメリットは、転職先を手軽に捜せることです。
小売店などで購入して、自分のうちで、ゆったりと求人に関する情報を収拾可能です。ただし、正社員の求人をしている所もあるものの、非正規雇用といった雇用形態の求人に偏っている傾向があります。さらに、雇用条件と職場の雰囲気がわかりにくいです。
どうすれば思った形に近く看護師がちがう病院に転職可能かというと、専門の業者に依頼するのが一番の早道で、安心な方法でしょう。

ネット検索を試してみると、多くの転職ホームページが出てきますから、登録をおこない、情報を手に入れることが近道になるでしょう。複数の看護師転職ホームページに登録しても良いので、気負わずに、試してみると良いでしょう。
将来、看護師として働くための教育をうけられる機関としてみなさんご存知のように、二つの方法があります。

それは、看護専門学校(職業、または、生活に必要な能力の育成や教養の向上を図ることを目的しています。

一年以上の修業期間があり、800時間以上の年間授業時数で、生徒数が常時40人以上いることという規定があります)に行く方法と看護大学に行く方法です。
学習内容にそう変わりはありませんが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門学校(職業、または、生活に必要な能力の育成や教養の向上を図ることを目的しています。
一年以上の修業期間があり、800時間以上の年間授業時数で、生徒数が常時40人以上いることという規定があります)を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。対する専門学校(職業、または、生活に必要な能力の育成や教養の向上を図ることを目的しています。

一年以上の修業期間があり、800時間以上の年間授業時数で、生徒数が常時40人以上いることという規定があります)はどこがいいかというと、学費がより安く実習が多いので、はたらき始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。

正看護師と準看護師で、一番異なる点は資格があるかということになります。
正看護師は国家試験で、資格を取得しなければ、しごとができません。準看護師は国家試験じゃなくて、各都道府県知事が交付する資格となるのです。
そのため、準看護師が正看護師に対して指示はできず、看護師長などの役職に就任したり、指導者にもなれません。

看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。

要するに業務報告なのですが、担当患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんの状態についてや、看護師が掌握しておくべきことについての諸々を直接、顔を合わせて報告説明する決まりです患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんに関する大変重要な情報もふくむので、内容が相手に100パーセント伝わるようおこなうようにしましょう。あまり時間をかけず、要領よくこなすということも大切なことになります。

社会に出たばかりの新卒看護師や、別の医療機関から転職してきたばかりの看護師に多いのですが、病院によりますが、残業代がちゃんと払って貰えないことがあるようです。残業を指せておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず法律に違反しており、罰金や懲役の対象となっています。

勤務時間外の労働である残業も、しごとにはちがいがありませんので、労働した時間分はきっちり、対価を貰う権利があります。公務員看護師になるには、公立機関や国公立病院で働く以外ありません。

看護師は知識や経験を積みながら長く働ける業種で勉強する人も多いのですが、公務員のメリットをいかす事も出来れば安定性は確実です。

公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、最大のメリットだと言えるでしょう。

日夜、しごとに打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。

そして、気になる退職金は、公的医療機関であれば、勤続年数や、どのような立場でしごとをしてきたかなどにより金額が決められていて、納得のいく額が支払われることになるでしょう。

一方、個人経営の病院になると、病院にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、どうやらその辺は、トップの胸三寸といっ立ところがあるようです。勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金をうけ取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。

オトモダチの看護師が、ついこのまえ、転職をしました。

比較的ラクそうな職場だったのに、なぜ転職したの?と理由を質問してみると、「暇でしょうがなかった。
もっと忙しく働いていたい」というようなことでした。はたらきたくないと思っている人が多い世の中で、彼女みたいな考え方が出来る人もいるものなのですね。
看護士を志望する動機は、実際に何が理由で看護師を志すことになったのかを交えることによって、印象が良くなります。

転職の際の志望理由は、今までに培ったスキルを活かしたい、もっと誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、前むきで明るい印象を与えるものにして下さい。
前の職場での出来事の不満はいわないようにすることが重要です。

長く看護師として働いていると、色々な悩みが出てきますよね。
よく言われるものは休日や出勤日が不規則な事だと思います。

平日が休みになってしまっては、誰とも都合が合わないといった辛さがあるようです。または、労働環境が過酷で休みを取る暇がないケースもあるでしょう。
こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。
あまり時間が経たないうちに、やめてしまう看護師は少なくありません。
女性の割合が高いため、対人関係でもめやすく、やめ立ところで、再就職が容易であることも影響しているのでしょう。

ちがうしごとと比べると看護師は再就職が容易ですので、望んでいる労働条件とかけ離れていたら、退職して、他の医療機関に就職する人もたくさんいます。
看護師が別の病院ではたらこうと思うと、ハローワークや求人情報誌などを使ってしごとを得ようとするのが当然だと思います。
でも、気をつけなければいけないのはこれらのところで求人する病院は少数派です。公共職業安定所や求人情報誌などで募集をかける病院は労働条件や職場環境がよくなくて求人数に対して、応募人数が少ない病院です。どういった場合に、看護師がもっともしごとのやりがいを感じるかといいますと、回復して退院した患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんが、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。

それから、患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんの家族の人立ちに何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、このしごとを選んで良かった、と心から思えます。よく知られている通り、しごと自体は本当に大変なので、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、きっと辞職しようと思って、悩むでしょう。なにはともあれ、看護師は患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)の命に関係するしごとをしているので、とても神経を使います。だというのに、高給とは言い難い報酬で一生懸命にしごとをこなしています。
そのような看護師のしごとに対するモチベーションをアップ指せるためにも、どうか給料を高くして欲しいと考えています。

医師の問診補助にあたりますし、患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんが入院されている病室などであれば、入院患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんの血圧測定、採血などをしたり、ナースのしごと内容に含まれます。状況に応じて、機敏に対処するのが、ナースの役目です。
入院している知人のおみまいに行ってみたら、看護師さんが大忙しで複数の患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんの対応に追われている姿を見かけたのも珍しくありません。ひとりでは動けない患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんの中には、何度もナースコールをおこなう人も多数います。
現場で働いている看護師は、お見舞い客の立場でみる範囲でも、苦労続きだと思います。ナースには悩み事が多数あります。

ナースというしごとは非常に多岐に渡る業務があるため、対人関係にも疲れてしまうことが多いのです。収入が良くても、数多くの悩み事があるしごととなっているため、退職者が後を絶たない職場もあるでしょう。

突然の交通事故により、救急搬送された時に、医師が気付かなかった鎖骨が骨折していることに気づいて処置してくれたのは若い看護師の方でした。
後で知ったのですが、すごくお若いのに看護師長の地位でした。やはり、能力の評価が正しく行なわれた結果なのだと思います。
ナースがしごとを変えるときに、立ち止まってしまうのが志望の理由付けです。

どういうわけでその勤務場を選んだのかを好感をもってもらえるように表すのはそう単純なものではありません。高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますが採用条件で選んだと見られるよりは、看護スタッフとしてもっと専門性を磨きたい等々、やる気を印象付ける言い方をしたほうが採用に結びつきやすいと思います。


Posted in 未分類 by with comments disabled.